人間環境学とは

入学者受入れ方針(アドミッションポリシー)

求める学生像

人間環境学府共通の学生像として

  • 新時代の共生社会を創造するために先端的・先導的役割を果たす学際的視点をもった研究者及び高度専門職業人をめざす人
  • フィールドワークをふまえた実践的・実証的な科学に関心のある人
  • 人間環境をとりまく問題を、文化、社会、教育、心理、空間の側面から研究したい、解決したいと考えている人
  • 既存の学問分野との対応でいえば、心理学、臨床心理学、社会学、文化人類学、教育学、健康・スポーツ科学、建築学をより深く研究してみたいと考えている人

などが挙げられます。

入学者選抜の基本方針

 本学府では、大学院教育ですので、一定レベル以上の学力が必要であることはいうまでもありませんが、入学後、人間環境学の開拓へチャレンジしようという「高い志」をもって研究に励んでくれることを期待しています。すなわち人間環境をとりまく問題への知的好奇心と柔軟な思考力を、さらには研究上のさまざまな困難に立ち向かう「不撓不屈の精神」をもっていることを重視しています。

以下には専攻(コース)ごとの入学者受入れ方針を示します。

都市共生デザイン専攻

修士課程
アーバンデザイン学コース(学位プログラム:アーバンデザイン学(修士))

本プログラムでは、都市や建築に関わる基礎的な専門知識と工学技術から社会、文化、芸術に至る幅広い分野への関心を持ち、

  • 自ら課題を発見する探究心とその解決のための想像力
  • 得た知識を活かし新しい提案をする創造力
  • 自らの考えを人に伝え、説得する表現力と調整力
  • 国際社会で必要な語学力と多様な状況への対応力

を向上させたい学生を求めている。

都市災害管理学コース(学位プログラム:都市災害管理学(修士))

本プログラムでは、都市や建築に関わる基礎的な専門知識と工学技術から社会、文化、芸術に至る幅広い分野への関心を持ち、

  • 自ら課題を発見する探究心とその解決のための想像力
  • 得た知識を活かし新しい提案をする創造力
  • 自らの考えを人に伝え、説得する表現力と調整力
  • 国際社会で必要な語学力と多様な状況への対応力

を向上させたい学生を求めている。

持続都市建築システム国際コース(学位プログラム:持続都市建築システム学(修士))

本プログラムでは、

  • 都市や建築分野の専門分野のみならず持続化に関連する様々な領域を把握できる鳥瞰力
  • 国際的な場で活発にコミュニケーションを取りながら協働することができる国際力
  • 高い専門知識を基に各フィールドでの個別課題に対して実践的な解決方法を立案できる実践力

を向上させたい学生を求めている。

博士後期課程
都市共生デザインコース(学位プログラム:都市共生デザイン学(博士))

本プログラムでは、都市や建築に関わる専門知識と工学技術から社会、文化、芸術に至る幅広い分野への関心を持ち、

  • 自ら課題を発見する探究心とその解決のための想像力
  • 得た知識を活かし新しい提案をする創造力
  • 自らの考えを人に伝え、説得する表現力と調整力
  • 国際社会で必要な語学力と多様な状況への対応力

を向上させたい学生を求めている。

持続都市建築システム国際コース(学位プログラム:持続都市建築システム学(博士))

本プログラムでは、以下のような能力をもつ学生を求めている。全ての能力をバランス良く持つだけでなく、人にはない突出した能力を持つことも重要だと考える。

  • ハードな工学技術からソフトな社会、文化、芸術に至る幅広い分野の関心と専門知識
  • 専門家を目指して常に努力する前向きな意欲と、それを継続する精神力
  • 自ら課題を発見しようとする探究心と、その解決を図るための想像力
  • 得られた知識を活かし、新しい提案を作り上げる創造力
  • 自らの考えを分かりやすく解説し、人を説得する表現力と調整力
  • 国際社会で活躍できる語学力と多様な状況への対応力

人間共生システム専攻

修士課程
臨床心理学指導・研究コース(学位プログラム:臨床心理学(修士))

 心理学、臨床心理学の基礎的知識を有しており、心理学統計や心理学研究法など臨床心理学の研究に必要となる基礎学力を有していること。臨床心理学の視点から社会の諸問題に着目し実践的かつ科学的な研究能力の習得を目指す人材を求める。心理臨床の現場に貢献できる問題解決力、対応能力をもつ臨床心理士を志す人材を求める。

共生社会学コース(学位プログラム:共生社会学(修士))

プログラムに入学する学生には、以下のようなことが期待される。

  • 自ら進んで課題に取り組む積極性を持つ。
  • 周りとの協力を進めながら問題解決へ努力する協調性を備える。
  • 問題解決にあたり様々なアプローチの可能性を考える。
  • 共生社会学の発展へ自ら寄与しようとする意欲を持つ。
  • 共生社会学の視点から社会への還元を考える。
博士後期課程
臨床心理学指導・研究コース(学位プログラム:臨床心理学(博士))

 臨床心理学に関する知識や技能を有しており、臨床心理学に関する学術論文の作成する能力を有していること。さらに高度な実践的かつ科学的な研究能力を修得し、臨床心理学領域における先端的・先導的役割を果たす研究者や教育者をめざす人材を求める。

共生社会学コース(学位プログラム:共生社会学(博士))

プログラムに入学する学生には、以下のようなことが期待される。

  • 自ら進んで課題に取り組む積極性、国際的活動に対する実践的意欲を持つ。
  • 周りとの協力を進めながら問題解決へ努力する協調性と同時にチームを統括する管理能力を備える。
  • 問題解決にあたり、蓄えた知識、他者との交流から、様々なアプローチの可能性を考える。
  • 共生社会学の発展へ自ら寄与しようとする意欲を持つ。
  • 共生社会学の視点から社会への還元・貢献を考える。
  • 高度に専門的な知識を統合的に把握し、表現する能力を持つ。
  • 問題の中身を良く吟味し、それを解決するための方法を提示し、実行する能力、チームを運営する能力、後進を育成する能力を持つ。

行動システム専攻

修士課程
心理学コース(学位プログラム:心理学(修士))

 行動システム専攻心理学コースの修士課程・博士後期課程では、主に人間の精神的活動などの人間行動を研究対象とし、心理学や関連分野で培われたアプローチを通じて、人間行動の仕組みを解明する研究者や高度専門職業人を目指す学生を求めている。選抜は、心理学の基礎知識と研究法、英語の試験に加え、研究計画または論文(修士課程入試では卒業論文、博士後期課程入試では修士論文)にもとづいて行う口述試験も重視する。入学後どのような研究を志願者が行うのかについての発表を求め、その後の質疑応答によって、志願者の能力と適性を判断する。

健康・スポーツ科学コース(学位プログラム:健康・スポーツ科学(修士))

 人間の健康行動やスポーツ・身体運動に深い関心を有し、健康科学、スポーツ科学、身体運動科学で培われた研究方法を通して人間の身体や心のしくみ・はたらきを解明する高度専門職業人を志向する学生を求めている。

博士後期課程
心理学コース(学位プログラム:心理学(博士))

 行動システム専攻心理学コースの修士課程・博士後期課程では、主に人間の精神的活動などの人間行動を研究対象とし、心理学や関連分野で培われたアプローチを通じて、人間行動の仕組みを解明する研究者や高度専門職業人を目指す学生を求めている。選抜は、心理学の基礎知識と研究法、英語の試験に加え、研究計画または論文(修士課程入試では卒業論文、博士後期課程入試では修士論文)にもとづいて行う口述試験も重視する。入学後どのような研究を志願者が行うのかについての発表を求め、その後の質疑応答によって、志願者の能力と適性を判断する。

健康・スポーツ科学コース(学位プログラム:健康・スポーツ科学(博士))

 人間の健康行動やスポーツ・身体運動に深い関心を有し、健康科学、スポーツ科学、身体運動科学で培われた研究方法を通して人間の身体や心のしくみ・はたらきを解明する研究者を志向する学生を求めている。

教育システム専攻

修士課程
現代教育実践システムコース/総合人間形成コース(学位プログラム:教育学(修士))

 教育諸科学の基礎を深めることへの準備とともに、現代教育システムの諸課題の解決を図るための実践的、学際的な研究アプローチへの関心を持つ学生を求める。

[総合人間形成コース]では特に,教育諸科学の理論と方法について深く、また広く学術的な探究を行うことを基本とし、併せて現代の人間形成課題の探究に不可欠なテーマを軸に研究の構築および発信をめざす学生を求めている。

[現代教育実践システムコース]では,教育諸科学を学術的に探究するとともに、学校教育、家庭教育、生涯学習に関する現代の教育実践を多様な方法論に基づいて探究し、現代教育実践の新たな開発のための研究の構築および発信をめざす学生を求めている。

 なお,選抜は,外国語科目および専門科目の筆記試験と研究計画および研究経過報告書を中心にした口述試験によって行う。

博士後期課程
教育学コース(学位プログラム:教育学(博士))

 教育諸科学の理論と方法について深く、また広く学術的な探究を行うことを基本とし、併せて現代の人間形成課題の探究に不可欠なテーマを軸に研究の構築および発信をめざす学生や,教育諸科学を学術的に探究することを通して、学校教育、家庭教育、生涯学習に関する現代の教育実践を多様な方法論に基づいて探究し、現代教育実践の新たな開発のための研究の構築および発信をめざす学生を求めている。

 なお,選抜は,外国語科目の筆記試験と研究計画および研究経過報告書を中心にした口述試験によって行う。

空間システム専攻

修士課程
建築計画学コース/建築環境学コース/建築構造学コース(学位プログラム:建築学(修士))

 本プログラムで特に求められるのは以下の能力であるが、全ての能力をバランス良く持つだけでなく、人にはない突出した能力を持つことも重要である。また、都市や建築に関わる基礎的な専門知識と工学技術から社会、文化、芸術に至る幅広い分野への関心を持つことを重視する。

  • 自ら課題を発見する探究心とその解決のための想像力
  • 得た知識を活かし新しい提案をする創造力
  • 自らの考えを人に伝え、説得する表現力と調整力
  • 国際社会で必要な語学力と多様な状況への対応力
持続都市建築システム国際コース(学位プログラム:持続都市建築システム学(修士))

 本プログラムでは、都市や建築の持続化を追究する専門家に必要な能力の修得を目指す。具体的には、都市や建築分野の専門分野のみならず持続化に関連する様々な領域を把握できる「鳥瞰力」、国際的な場で活発にコミュニケーションを取りながら協働することができる「国際力」、高い専門知識を基に各フィールドでの個別課題に対して実践的な解決方法を立案できる「実践力」の修得が課題である。これらの課題を達成するために、都市・建築分野またはその周辺領域において活躍する講師陣による専門的講義、アジアの都市問題や居住環境の改善に関わる実務の現場においてフィールドワークやワークショップ、更に実務者を交えたスタジオやセミナーを実践し、都市・建築の持続化を実現する方法と技術を教育する。

博士後期課程
建築計画学コース/建築環境学コース/建築構造学コース(学位プログラム:建築学(博士))

 本プログラムで特に求められるのは以下の能力であるが、全ての能力をバランス良く持つだけでなく、人にはない突出した能力を持つことも重要である。また、都市や建築に関わる専門知識と工学技術から社会、文化、芸術に至る幅広い分野への関心を持つことを重視する。

  • 自ら課題を発見する探究心とその解決のための想像力
  • 得た知識を活かし新しい提案をする創造力
  • 自らの考えを人に伝え、説得する表現力と調整力
  • 国際社会で必要な語学力と多様な状況への対応力
持続都市建築システム国際コース(学位プログラム:持続都市建築システム学(博士))

 本プログラムは以下のような能力をもつ学生を求めている。全ての能力をバランス良く持つだけでなく、人にはない突出した能力を持つことも重要だと考える。

  • ハードな工学技術からソフトな社会、文化、芸術に至る幅広い分野の関心と専門知識
  • 専門家を目指して常に努力する前向きな意欲と、それを継続する精神力
  • 自ら課題を発見しようとする探究心と、その解決を図るための想像力
  • 得られた知識を活かし、新しい提案を作り上げる創造力
  • 自らの考えを分かりやすく解説し、人を説得する表現力と調整力
  • 国際社会で活躍できる語学力と多様な状況への対応力

実践臨床心理学専攻(専門職学位課程)

(学位プログラム:実践臨床心理学(専門職))

 様々な臨床心理現場との連携を深めつつ,種々の臨床心理現場に即応できるハイクォリティの臨床心理士を志す学生を求めている。

ページの先頭へ