人間環境学とは

人間環境学府(教育)の目標

 地球規模でますます複雑に多様化する傾向にある人間環境を取りまく諸問題を多面的視点から科学的に解明し、人間にとって最適な環境のあり方とその創造の方向を探り、新時代の共生社会をリードする役割を果たす人材を育成するためには、人間そのものを科学する領域と人間を取り巻く環境を科学する領域とそれら両者の関係を科学する領域を個々バラバラに研究教育するのではなく、三者の有機的連携を図りながら人間と環境とを一体的にとらえて研究教育していくことが不可欠です。またそこでは、少なくとも次のような高度の知識やスキルや創造的問題解決能力が求められます。
※下線は教育研究上の目的(人環規則第1条の2)

  • 深い専門性と同時に学際性の高い知識やスキル
  • 工学的なテクノロジー から文系的なソフト・サイエンスに至る幅広い総合的知識やスキル
  • 多様な価値観 や豊かな人間性に支えられたバランス感覚
  • アクションリサーチを中心にした実践 科学に支えられた創造性豊かなグランドデザイン能力
  • 多面的角度から柔軟に問題 を吟味検討する分析的・批判的・創造的能力
  • 多様化・複雑化する現実問題に臨機 応変に対処可能な応用力
  • 異なる文化や価値観や考えを持つ人との間でのコラボレーション能力など
新規学際分野を取り入れ統合した文理横断型の教育組織の確立

 新しい時代が求めているこうした幅広い高度の知識・スキル・問題解決能力を有する高度専門職業人や研究者を育成するためには、文系と理系、工学と社会科学などのように細分化と専門化を重ねていく従来の教育組織では不十分です。従来の学問分野を横断的に再編し、新規学際分野を取り入れ統合した総合的視点に立脚した文理横断型の教育組織を確立していかなければなりません。

新時代の共生社会を創造するために研究者・高度専門職業人の育成を目指します

 人間環境学府は、こうした社会的要請に応えるために、従来からも学問的親縁性を持ちながらこれまで大学の中では別組織に所属していた心理学、臨床心理学、健康科学、社会学、人類学、教育学、建築学の諸分野を一つの教育組織に融合することによって文理横断型の新たな教育組織として編成したのが本学府です。本学府はこの理念に基づき、新時代の共生社会を創造するために先端的役割を果たす研究者や共生社会で活躍する高度専門職業人の育成を目指します。

ページの先頭へ