人間環境学とは

人間環境学府(教育)の理念

 20世紀が成長と発展をめざした時代だったとすれば、21世紀は環境と共生をキーワードにして、私たちの生き方そのものが問われる時代です。このような時代の胎動を感じながら、九州大学に、人間環境をとりまく文化、社会、教育、心理、空間の問題を適切に把握し、新たな学問分野を確立していこうと日夜、研究に勤しんでいるのが、人間環境学府です。

 人間環境学府を構成する学問分野を、従来のディシプリンで紹介すると、心理学、社会学、文化人類学、教育学、健康科学、建築学となります。したがって本学府の教育理念は、一方で、既存の複数のディシプリンを習得しながら、他方では、これらを統合する具体的方法として人間環境学という学問分野を創造するという「複眼的構造」になっています。

ページの先頭へ