人間環境学とは

国際交流

大学院GPによる「アジア都市問題を解くハビタット工学教育」プログラム

写真:シンポジウム風景大学院人間環境学府都市共生デザイン専攻と空間システム専攻は、2008年10月に大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)の採択を受け、「アジア都市問題を解くハビタット工学教育」プログラムを実施しています。このプログラムでは、アジアにおける都市・建築の持続化を通じて、持続型社会を実現するための方法と技術を追究する研究者の育成を目指します。

都市・建築の持続化、専門家育成への課題

都市・建築の持続化は、アジア等の人口増加・成長都市と日本・欧州等の人口減少・成熟都市の双方で要請されるグローバルな課題です。双方の社会動態に対して、適用できる方法論や専門家が求められていますが、人口急増で逼迫した都市問題・居住問題を抱えるアジアの成長社会における持続化の方向性を見出すことは、国際的にも緊急の課題です。

また、顕在化するアジアの都市問題と深く関わる都市・建築学の分野において、都市・建築の持続化を追究する専門家を育成することは、大学における急務な課題です。そこで、上記の2専攻では、21世紀COEをはじめとするこれまでの教育研究の実績を活かして、「持続都市建築システム」の教育研究を強化する「ハビタット工学」の新たなプログラムを開拓し、日本人はもとよりアジアからの留学生を広く受け入れ、アジア各地の主要大学との連携を図りながら、アジアの都市問題の課題解決を担う優れた専門家や研究者の育成を目指します。

大学院GPのホームページへ

グローバル30の一環としての国際コースの開設

作成中

人間環境学とは

  • 研究院長・学府長挨拶
  • 沿革
  • 理念・目標
  • 教育方針(ポリシー)
  • 組織
  • 特色ある教育・研究
  • 国際交流

ページの先頭へ