掲示版

掲示版

院生掲示板:2020.08.24 []

「グローバリゼーションの行方とローカリティの再生 ―ポスト・コロナ社会を語る―」について

各位

人社系コモンズ企画運営室より、シンポジウムのご案内です。

人社系協働研究教育コモンズ第5弾企画として、

「グローバリゼーションの行方とローカリティの再生 ―ポスト・コロナ社会を語る―」

を下記の要領で開催いたします。

お忙しい時期かと存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はコモンズホームページにも掲載しておりますので、下記URLからご確認ください。

タイトル:「グローバリゼーションの行方とローカリティの再生 ―ポスト・コロナ社会を語る―」

日時:2020年8月24日(月) 13:30~17:00

形態:オンライン形式(Microsoft Teamsで開催)

パネラー:今里悟之(九州大学人文科学研究院)、Edward Vickers(九州大学人間環境学研究院)、

成原慧(九州大学法学研究院)、池下研一郎(九州大学経済学研究院)

司会:井手誠之輔(九州大学人文科学研究院)、潮﨑智美(九州大学経済学研究院)

シンポジウム概要:グローバリゼーションの時代は今後も持続するのか否か。持続するとすればどのような在り方が望ましいのか。新型コロナウイルスが文字どおりグローバルに拡大する中、今、私たちが唐突に向き合っている現実は、一時的であるにせよ、人やモノの移動が制限され、国や県などの境界がつよい制度として機能する社会への逆行現象として映じます。日本における自制自粛の呼びかけと実践が、公権力の行使と同等の効果を発揮している点も注目されるところです。一方、教育や経済活動の現場では、遠隔授業や在宅勤務が急速に一般化し、オンライン環境を活用した社会生活が認容され、今後、日常化していく可能性が問われています。情報化の分野ではグローバリゼーションがさらに浸透する契機となっています。

現在進行中の現実は、私たちの協働研究の観点とも深く関係し、さまざまな分析と議論を喚起しています。ポスト・コロナ社会を見据えるとき、持続可能なグローバリゼーションの時代では、個々人が身を置く場や地域と結びついたローカリティが保全され、重視される必要が生まれています。

このシンポジウムでは、ポスト・コロナ社会におけるグローバリゼーションとローカリティとの関係性を中心に、公権力と社会との関係、新しい社会生活の様態についても、広く参加者で議論します。是非とも、皆さまの積極的な参加をお待ちしています。

申し込み方法:下記のリンクより申し込みを行ってください。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=iV9x12qT90q7daV6yZZG-oNiPOPoyS9IqCOUL_BId8BUQ0lBRkpRSEYyNklEWTdGNkJSV01MWlY2Qy4u

コモンズホームページ:http://commons.kyushu-u.ac.jp/collaborative/

主催/問合せ先 九州大学人社系協働研究・教育コモンズ

Email :enquiry-commons★cmns.kyushu-u.ac.jp(★を@に置き換えてください)

院生掲示板:2020.08.04 [お知らせ]

九州大学大学間交換留学プログラム第1回募集について

 
 九州大学大学間交換留学プログラム(第1回)<2021年秋学期(7月-10月開始)及び

2022年春学期(1月-4月開始)分>における交換留学希望者を募集します。

 

 ■募集要項:九州大学大学間交換留学プログラム 第1 回募集要項

       http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/web/wp-content/uploads/2020/07/bosyuyoukou.pdf

     
 ■申請書類:① 九州大学大学間交換留学プログラム申請書(様式1)(Excel)
        ② 学習計画書

       http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/study/ex_prgrm/univwide/download

       ※上記①②の他に、成績証明書、語学能力証明書も提出してください。


 ■提  出  先:人文社会科学系事務部教務課 アドレス:ezryugaku@jimu.kyushu-u.ac.jp​
 ■提出締切:令和2年11月6日(金)17時
 ■学内選考(面接)予定日:令和2年12月1日(火)・2日(水)・3日(木)
 ■実施方法:オンライン

院生掲示板:2020.07.28 [お知らせ]

令和2年10月 長期履修制度の申請手続きについて

院生掲示板:2020.07.17 [お知らせ]

【令和2年度集中講義】 「産業・組織臨床心理学特論」について

授業科目: 産業・組織臨床心理学特論
担当教員: 日高 崇博(筑紫女学園大学人間科学部・准教授)

日  程: 8月28日(金)~30日(日)1~5限

      1限(8:40~10:10)、2限(10:30~12:00)、3限(13:00~14:30)、
      4限(14:50~16:20)、5限(16:40~18:10)

教  室:  E-A117
      オンラインで実施します。(詳細は、おってお知らせします。)(8/11更新)
 
備  考: ・履修登録をせず、聴講のみ希望する学生は「聴講のみ」と記入すること。 
      ・実践臨床心理学専攻、人間共生システム専攻臨床心理学指導・研究コース
          以外の学生は、「守秘義務の誓約書(要押印)」を、人社系教務課(人環・教育担当)窓口
       に提出すること。
 
履修登録:   以下の履修登録申請フォームから申請してください。
申請締切: 8月13日(木)17:00まで(厳守)

誓 約 書 :誓約書.docx

履修登録取消:以下の履修取消申請フォームから申請してください。

申請登録: 8月24日(月)17:00まで(厳守)

院生掲示板:2020.07.13 [お知らせ]

【重要なお知らせ】放火予告に伴う学内への立入制限及び7月13日の授業について

人間環境学府学生 各位

 学生基本メール、九州大学HPにより周知のことではありますが、九州大学の主要建造物合計10カ所を

7月14日午前2時に放火する投稿が本学ホームページにありました。

このことにより、7月13日(月)18:30から7月14日(火)7:30まで、大学への立ち入りが出来ません。

 7月13日(月)の授業は5限目まで通常どおり実施されますが、対面授業または遠隔授業聴講のため

来学した学生は、5限目終了後は、速やかに大学から離れますようお願いします。

ページの先頭へ