掲示版

掲示版

飯嶋 秀治:2009.12.02 [お知らせリンク募集行事]

動的指導体制に基づく学際ネットワーク創造の試み2

                        が、


動的指導体制」に基づく

 第2・3回発表

(第2回1214日午前9時より、建築学棟菊地研究室にて)

(第3回1218日午後3時より、教育心理学棟南研究室にて)

*発表者の都合により、11月開催予定を延期しました

コア・メンバー

飯嶋 秀治(人間共生システム)

菊地 成朋(都市共生システム)

柴田 建(都市共生システム)

野々村 淑子(教育システム)

南 博文(都市共生システム)

第2回発表者柴田 建(都市共生システム)

郊外ニュータウンはいかに成熟しうるのか 沖縄・Uニュータウンを事例に

第3回発表者

飯嶋 秀治(人間共生システム)

Homeless at Home 都市のひとつの人間環境学」


九州大学人間環境学研究科では、今年度後期(9月~2月)

複数の専攻に関わる研究主題を探求している

学部生・聴講生・修士・研究生・博士・教員にむけ

「コア・メンバー1名+α」の複数教員からなる

学際的な「動的指導体制」を組んで

研究者の主題に即した指導を行う教育体制研究を実施します

詳しくは shuuji@bun.lit.kyushu-u.ac.jp

までお問い合わせ下さい

第4回目の発表公募締め切りは12月20日になります

いつもより余計に

 動いております

ページの先頭へ