学府(大学院教育)

長期履修学生制度

この制度は、原則として社会人の大学院生に対するもので、相当の事情がある場合には、標準修業年限(修士課程・専門職学位課程は2年,博士後期課程は3年)の学費で修了までの期間を1年単位で 延長できるように取りはからうものです。入学時、または、入学後のいずれでも申請可能ですが、必要な書類、申請期間などが定まっていますので、指導教員(新入生の場合には窓口となる教員) と良く相談した上で、所定の手続きにより申請して下さい。

長期履修申請

対象者
  • 人間環境学府の在籍者で,現に職を有している者等。(ただし,休職者は除く。)
提出書類
  • 長期履修申請書(所定用紙)
  • 在職証明書もしくは申請事由を証明するもの。

長期履修期間変更

対象者
  • 現在,長期履修を許可されている者で,その許可期間を変更する者。
提出書類
  • 長期履修期間変更願(所定用紙)

ページの先頭へ