学府(大学院教育)

行動システム専攻

専攻概要

人間の精神的・身体的活動という人間行動を研究対象とし、心理学および健康・スポーツ科学で培われたアプローチを通して人間行動のしくみを解明することをめざしている。 本専攻は、心理学コースと健康・スポーツ科学コースから構成されており、2つのコース間の交流はもちろんのこと、都市共生デザイン専攻や人間共生システム専攻とも交流を深め、幅広い視野と高度に専門的な知識や実践的能力を身につけられる研究・教育体制をとっている。

  • 心理学コース(Psychology)
  • 健康・スポーツ科学コース(Health and Sport Science)

行動システム専攻ウェブサイトへ

心理学コース

修士課程では、

  1. 心理学の伝統的な専門領域、すなわち知覚、認知、感性、教授、学習、発達、人格、社会、組織、文化、心理測定研究法に関する基礎的で幅広い知識
  2. 専攻する各専門分野の高度な知識
  3. 創造的に発想し、問題設定とその解明を図る研究能力
  4. 各専門分野に関連する専門家としての基本的スキル

を確実に習得することを目指しています。
そして、これらの基本的および専門的な知識や能力を生かして、社会の様々な領域において活躍できる高度専門職業人を育成します。

博士後期課程では、国際的な研究活動の場で研究成果を発表する能力を獲得するなど、修士課程で培った能力を伸長させるとともに、心理学に関わる博士の学位を取得し、研究者や高度専門職業人としてキャリアを伸ばしていける人材、また教員のティーチングアシスタントの経験などを積むことで、教育指導も的確に行える人材を育成します。

健康・スポーツ科学コース

修士課程では、人間の健康およびスポーツ行動に関する心理学、社会学、生理学、疫学等について、幅広い知識を獲得するとともに、これらの方法論を基礎とした、健康・スポーツ行動にまつわる問題の解決方法を修得することを目指します。ここでいう健康・スポーツ行動とは、個体を維持するために不可欠な身体運動や食行動、人間に特徴的な精神活動やスポーツ実践活動を主に指しています。

博士後期課程では、国際的にも活躍できる健康・スポーツ行動に関する主導的な役割を果たす研究者、および新たな健康・スポーツ行政の構築に取り組める高度専門職業人を育成します。博士号取得後も、独創的かつ発展性の高い研究を行い、健康・スポーツ科学分野においてリーダーとなれる人材を育成します。

健康・スポーツ科学コースウェブサイトへ

教員と研究テーマ

心理学コース

*の教員は、博士後期課程の専任。

氏名 代表的研究テーマ
中村 知靖 教授 心理データ解析学、心理測定学
心理テストに関する統計的な方法の開発や能力・性格などに関する心理テストの開発を主な研究テーマとしています。具体的には以下のとおりです。
  • 項目反応理論を利用した心理テストの開発(言語能力、一般的科学的知識、表情認知など)
  • コンピュータを利用した適応型テストシステムの開発
  • 項目反応理論や構造方程式モデリングにおけるパラメータ推定法
加藤 和生 教授 自己心理学、対人関係学
現在の主な研究関心領域は以下のとおりです。
  • 自己と対人関係に関する人格・社会心理学的、文化心理学的、発達心理学的研究
  • 甘え行動・交流に関する実証的研究;愛着行動の研究;相互依存性の文化心理学的研究
  • 社会的認知に関する研究
  • 議論行動・交流の研究
山口 裕幸 教授 集団力学および対人行動学
主に以下のようなテーマで研究を進めています。
  • 優れたチームワークを育成・強化する組織マネジメント方略の研究
  • 組織や社会に安全と安心を確保し促進する方策に関する社会心理学的研究
  • 「心の共有」に関する研究
  • 観察工学との連携による心理学的「場」の可視化に関する研究
橋彌 和秀 准教授 発達心理学・比較心理学
心理学・比較行動学の研究手法を駆使して研究をおこなっています。現在の関心領域はたとえば以下のようなものです。
  • コミュニケーションとその基盤となる能力/バイアスの発達
  • 「こころ」の起源。発達・進化・文化的基盤。
  • 「わたしたち」という概念の基盤と背景。
  • 共感性の進化・神経基盤。
光藤 宏行 准教授 知覚心理学、空間認知学
  • 人間の両眼視、運動視、形の認識を支える視覚情報処理の解明
  • 視覚的錯覚の発見とその理論的解釈
  • 奥行き知覚、形の認識における眼球運動の役割
池田 浩 准教授 社会心理学および組織心理学
主な研究テーマは下記の通りです。
  • メンバーを下から支えるサーバント(奉仕型)リーダーシップに関する研究
  • 組織におけるワーク・モチベーションの測定とその促進要因に関する研究
  • 組織におけるフォロワーシップに関する研究
實藤 和佳子 准教授 発達心理学、発達臨床心理学
以下のテーマを中心に、研究をすすめています。
  • 乳幼児が示す自己や他者の心の理解とその発達過程
  • 社会的認知の発達を支える要因
  • 自閉症におけるコミュニケーション発達、発達支援
山田 祐樹 准教授 認知科学、行動科学
  • 時間と空間と数の心的処理のしくみと、それにかかわる注意、意識、感情、文化の役割の解明
  • ヒトと動物との比較による、情動、身体、言語、知覚の関係性の解明
山本 健太郎 講師 実験心理学、時間心理学
人の主観的な認識や判断の基盤となる心の働きに関心を持っています。現在の主な研究テーマは以下の通りです。
  • 時間の長さの感覚、過去の出来事の時間的印象
  • 視覚的な動きの知覚や錯覚に関する研究
  • 異種感覚情報間における相互作用と時間的統合
健康・スポーツ科学コース
氏名 代表的研究テーマ
大柿 哲朗 教授 運動・スポーツの生理学・生化学的研究
  • 実験室的研究:運動・スポーツの生理・生化学的検討
  • フィールド研究:生活形態と健康度に関する国際比較研究
西村 秀樹 教授 スポーツ文化に関する研究
  • 角界モラルに関する研究
  • スポーツ・武道における「抑制の美学」に関する研究
  • 「引き分け」文化論
熊谷 秋三 教授 生活習慣病・介護予防に関する身体活動疫学研究
  • 地域住民の死亡率、認知症、メンタルへルスおよび介護認定状況に関する身体活動疫学研究
  • 座位行動の疫学研究
  • Obesity paradoxに関する疫学研究
斉藤 篤司 准教授 運動・スポーツの生理心理学的研究
  • 自己選択強度の運動に対する生理心理的応答と運動継続に関する研究
  • 体水分状態と体力、認知機能との関わりに関する研究
  • ジュニアアスリートの栄養等摂取状況に関する研究
  • 代謝促進食品摂取が安静時および運動時の脂質代謝に及ぼす影響
杉山 佳生 准教授 体育・スポーツの心理学的研究
  • 体育・スポーツにおける心理社会的スキル教育に関する研究
  • 運動・スポーツ場面における社会的行動と心理に関する研究
  • インドネシア火山噴火被災地における体育・スポーツを通した心理社会的支援
増本 賢治 准教授 身体運動時の生体応答に関する研究
  • 健康の維持・増進や競技力の向上を目的とした、種々の身体運動が成り立つ機 序に関する研究
内田 若希 講師 運動・スポーツの心理学的研究
  • 中途身体障害者における自己変容プロセスに関する研究
  • パラアスリートのスポーツキャリアの段階に応じた支援方略に関する研究
  • パラアスリートを対象とした心理サポートの実践研究

ページの先頭へ