学府(大学院教育)

都市共生デザイン専攻

専攻概要

都市共生デザイン専攻は、環境共生の思想に基づき、安全・安心であることを必要条件に、快適で美しく使いやすい都市空間を実現するための計画・デザイン・技術について教育研究を行う。安全かつ快適な都市の形成には異分野相互の連携による学際的なアプローチが不可欠である。本専攻では、これまでの専門分野の垣根を越えて、 工学・建築学・都市計画学・心理学の学際的視点から安全・安心で快適な都市づくりの理念や方法を探求すると同時に、高度な技術を習得し、今日の様々な都市問題の解決や都市・建築の持続性向上に寄与できる人材の育成を目指している。本専攻には次の履修コースを設けている。

修士課程
  • アーバンデザイン学コース(Urban Design Course)
  • 都市災害管理学コース(Urban Disaster Management Course)
  • 持続都市建築システム国際コース(International Master Course of Sustainable Architectureand Urban Systems)
博士後期課程
  • 都市共生デザインコース(Urban Design, Planning and Disaster Management Course)
  • 持続都市建築システム国際コース(International Doctoral Course of Sustainable Architectureand Urban Systems)

都市共生デザイン専攻ウェブサイトへ

都市共生デザインコース(博士後期課程)/ アーバンデザイン学コース(修士課程)

アーバンデザイン学コースでは快適で安全な都市環境をデザインし、都市文化の継承と未来の都市環境や都市社会の創造を担う高度な専門家の育成を目指します。そのために都市計画学、都市設計学、景観設計学、環境心理学、コミュニティ計画学、環境メディア学を軸とする高度な専門的知識、理論、技術の修得を目的とする教育研究を推進しています。具体的には、修士課程においては都市計画家(プランナー)、まちづくりの専門家、コンサルタント、建築家、官公庁の行政官、さらに博士後期課程においては、国際社会で活躍できる幅広い知識と理論を備えた専門研究者の育成を目的としています。

こうした人材育成を実現するために、修士課程では関連する専門分野の基礎的知識、語学力、表現力を身に付けた意欲的な人材を受け入れ、教育研究を実践しています。

都市共生デザインコース(博士後期課程)/ 都市災害管理学コース(修士課程)

都市災害管理学コースは地震や風水害などの都市災害に対する管理手法の開発と実用化について総合的把握を目指すコースです。

各種構造物の診断や実測、実験を中心とした工学的発想に基づいて、地震・台風を主な対象にした、都市・建築物の災害の予測から防災管理・危機管理などの各種手段の総合化と都市の基本的安全システムの再構築に関する手法についての教育研究を行います。

従って、本コースでは建築から都市に至る幅広い知識と防災管理学の専門性を兼ね備えた研究者および高度職業人の育成を目指します。

持続都市建築システムコース(博士後期課程)/ 持続都市建築システムプログラム(修士課程)

21世紀の都市・建築を考えるとき、地球環境や地域の生態系との共生の観点を抜きにすることはできません。特に、急激な成長都市を抱えるアジア諸都市の居住環境の悪化は国際的な問題であり、豊かな居住環境を確保しつつ、環境負荷をできるだけ低減する持続型社会の実現が強く求められています。こうした社会的要請に基づき、持続都市建築システムコース(博士後期課程)では、社会が求める持続型社会への転換を実現するための都市・建築の持続化に関するシステム思考能力と高度な専門知識・技術を身に付け、この分野において指導的な役割を果たすことができる高度専門職業人及び新しい分野を積極的に切り拓くことのできる国際的な研究者を育成します。持続都市建築システムプログラム(修士課程)は、同コースの基盤的教育として都市・建築の持続化に関する幅広い基礎知識と理解能力を教授するための空間システム専攻との連携プログラムです。

教員と研究テーマ

修士課程:アーバンデザイン学コース

※は持続都市建築システムプログラム担当

氏名 代表的研究テーマ
菊地 成朋 教授
  • 日本の集落の空間構造解析
  • 東アジアにおける住文化および住宅制度の比較研究
  • 居住地再生と住環境の持続的管理手法に関する研究
南 博文 教授
  • 「子ども及び高齢者の居場所の生態心理学的研究
  • アジア的原風景の構造とその心理的機能
  • まち環境デザインの心理学的基礎研究
當眞 千賀子 教授
  • 個と関係性の発達を支えるコミュニティ実践のデザインと形成過程に関する研究
  • 親子の課題にかかわりを通して応えるワークショップ型(体験型)子育て支援実践に関する研究
  • さまざまな養育現場(保育所・幼稚園・子ども園・野外保育・自主保育・学校・地域コミュニティ)における子育て・親育て・コミュニティ育てプロジェクト
  • 社会的養育現場(児童養護施設・里親・ファミリーホーム)における発達支援的実践に関する研究
坂井 猛 教授
  • 都市と大学キャンパスの環境の構築に関する研究
  • 都市の交流環境に関する研究
  • 都市景観と視点場の探索手法開発に関する研究
趙 世晨 准教授
  • 大規模商業施設の立地評価及び周辺環境の変化に関する研究
  • 画像認識を用いた都市形態の変化に関する都市比較研究
  • 旧租界地における都市空間の構成とその変容に関する研究
鶴崎 直樹 准教授
  • マスタープランによる大学キャンパス空間形成に関する研究
  • 連携型大学キャンパス計画と都市・地域マネジメントに関する研究
  • 持続型都市建築の再生デザインに関する研究
Prasanna Divigalpitiya 准教授
  • 南アジアや東南アジアの都市の都市のスプロール化とそのダイナミクスの研究
  • 都市計画支援ツールの開発の研究
黒瀬 武史 准教授
  • 工場跡地と周辺市街地を中心とした工業都市の再生
  • 人口減少と市街地縮退に対応する都市デザインのあり方
  • 民間開発による公共領域の創出とその活用
柴田 建 助教
  • 郊外住宅地の成熟プロセスに関する研究
  • 住宅地のセキュリティ概念に関する日米比較
  • 子供の社会化の場としての地域のポテンシャルに関する研究
箕浦 永子 助教
  • 中華民国期における伝統都市の近代的再編に関する研究
  • 近代都市計画における都市ガバナンスに関する研究
  • 近代産業と都市形成に関する都市史的研究
修士課程:都市災害管理学コース
氏名 代表的研究テーマ
神野 達夫 教授
  • 地下構造のモデル化と地下構造が地震動に与える影響に関する研究
  • 地震動の強さ指標を予測するための経験式に関する研究
  • 建物への入力地震動の推定とそれに基づく地震被害想定に関する研究
清家 規 准教授
  • 地震防災における意思決定に関する研究
  • 自然災害が社会に与える影響に関する研究
重藤 迪子 助教
  • 強震動予測のための地下構造モデル構築に関する研究
  • 強震動予測手法の高度化に関する研究
  • 堆積平野・盆地上都市における建物入力地震動に関する研究
博士後期課程:都市共生デザインコース
氏名 代表的研究テーマ
菊地 成朋 教授
  • 日本の集落の空間構造解析
  • 東アジアにおける住文化および住宅制度の比較研究
  • 居住地再生と住環境の持続的管理手法に関する研究
南 博文 教授
  • 子ども及び高齢者の居場所の生態心理学的研究
  • アジア的原風景の構造とその心理的機能
  • まち環境デザインの心理学的基礎研究
當眞 千賀子 教授
  • 個と関係性の発達を支えるコミュニティ実践のデザインと形成過程に関する研究
  • 親子の課題にかかわりを通して応えるワークショップ型(体験型)子育て支援実践に関する研究
  • さまざまな養育現場(保育所・幼稚園・子ども園・野外保育・自主保育・学校・地域コミュニティ)における子育て・親育て・コミュニティ育てプロジェクト
  • 社会的養育現場(児童養護施設・里親・ファミリーホーム)における発達支援的実践に関する研究
神野 達夫 教授
  • 地下構造のモデル化と地下構造が地震動に与える影響に関する研究
  • 地震動の強さ指標を予測するための経験式に関する研究
  • 建物への入力地震動の推定とそれに基づく地震被害想定に関する研究
趙 世晨 准教授
  • 大規模商業施設の立地評価及び周辺環境の変化に関する研究
  • 画像認識を用いた都市形態の変化に関する都市比較研究
  • 旧租界地における都市空間の構成とその変容に関する研究
清家 規 准教授
  • 地震防災における意思決定に関する研究
  • 自然災害が社会に与える影響に関する研究
黒瀬 武史 准教授
  • 工場跡地と周辺市街地を中心とした工業都市の再生
  • 人口減少と市街地縮退に対応する都市デザインのあり方
  • 民間開発による公共領域の創出とその活用
柴田 建 助教
  • 郊外住宅地の成熟プロセスに関する研究
  • 住宅地のセキュリティ概念に関する日米比較
  • 子供の社会化の場としての地域のポテンシャルに関する研究
箕浦 永子 助教
  • 中華民国期における伝統都市の近代的再編に関する研究
  • 近代都市計画における都市ガバナンスに関する研究
  • 近代産業と都市形成に関する都市史的研究
重藤 迪子 助教
  • 強震動予測のための地下構造モデル構築に関する研究
  • 強震動予測手法の高度化に関する研究
  • 堆積平野・盆地上都市における建物入力地震動に関する研究
博士後期課程:持続都市建築システムコース
氏名 代表的研究テーマ
Prasanna Divigalpitiya 准教授
  • 南アジアや東南アジアの都市の都市のスプロール化とそのダイナミクスの研究
  • 都市計画支援ツールの開発の研究

ページの先頭へ