文系4学部副専攻プログラム

 

本公募は、文系の4学部(文学部、教育学部、法学部、経済学部)が連携・協力して、平成30年度から開始する「副専攻プログラム」において、上記4学部の教員と協力して、連絡調整を行い、プログラムの構築・運営・実施の業務に加え、教育プログラムから発展する部局横断型の研究業務にも従事する教員を公募するものです。

この副専攻プログラムは、学部横断型と専門領域型の2つのタイプで成り立っています。概略は以下の通りです。本公募で採用される教員は、どちらのタイプの副専攻プログラムにも参画していただきます。

 

学部横断的副専攻プログラムは文系4学部がそれぞれに有する、大学院教育にも接続する学部の専門教育カリキュラムの体系を踏まえつつ、それらを横断する形で「歴史」「アジア」「情報」「グローバル」というキーワードにより関連講義を出し合ったうえで、「文系4学部副専攻プログラム委員会」の調整の下で魅力的な「副専攻」プログラムを体系的に提供するものです。

専門領域型副専攻プログラムは、様々な理由で自学部以外の文系学部の専門領域を深く学びたいと考える学生に対して、自学部に籍を置いたまま別の専門領域を学ぶ「副専攻」プログラムを、各学部が体系的に提供するものです。