学府(大学院教育)

空間システム専攻

専攻概要

 空間システム専攻は、従来の建築学を「人間と環境の空間システム学」という新たな視点で捉え、住宅から都市に至るさまざまな空間を、より快適・省エネで美しく丈夫で使いやすい空間システムとして設計・施工・管理するための理論や技術について教育研究し、広く交流・共生・持続・循環型社会の構築に貢献できる研究者や高度専門職業人の養成を目的としています。  そのために、本専攻には「建築計画学」、「建築環境学」、「建築構造学」、「持続都市建築システム国際コース」の4つの履修コースを設けています。

  • 建築計画学コース(Architectual Planning and History)
  • 建築環境学コース(Environmental Design and Control in Architecture)
  • 建築構造学コース(Architectual Structures and Materials)
  • 持続都市建築システム国際コース(International Master and Doctoral Courses in Sustainable Architecture and Urban Systems)

空間システム専攻ウェブサイトへ

空間システムコース(博士後期課程)/ 建築計画学コース(修士課程)

建築は人間生活の様々な要求に応える容器であると同時に、新たな社会活動や文化・制度を育む環境装置です。建築は、技術、社会、歴史、文化、芸術、政治、経済、情報等の諸要件が密接に関わっています。建築を計画しデザインするには、複雑に絡み合ったこれらの条件を明確に整理・分析し、それに基づいて具体的な物理空間として形付けることが必要です。本コースでは、建築に対する多様な社会のニーズと、建築から社会への働きかけの両面について、その実践と長い建築の歴史を通して、総合的にとらえることができる建築家、建築プランナー、研究者の育成を目指します。

空間システムコース(博士後期課程)/建築環境学コース(修士課程)

建築環境学は、室内外の人間環境を建築の用途に応じて、パッシブにデザインし、アクティブにコントロールする空間システム学です。本コースでは、サステナブルな建築環境の実現を目指して、多様な環境要素の定量的な予測と評価、快適で低環境負荷な建築環境を創造する知識と技術、ライフサイクルの視点に基づく環境維持・管理方法などについて教育研究を行います。将来的に国内外の環境コンサルタント、環境・設備エンジニア、設備設計者、官公庁等の技術者、研究者として活躍する人材を育成します。

空間システムコース(博士後期課程)/建築構造学コース(修士課程)

建築構造学は、建築に加わる重力、地震、台風、豪雪などの力学的影響に対して、人々の安全を守りながら、力学的合理性をもった快適で美しい空間を創造する空間システム学です。日本は地震国でありながら、都市への人口や機能の高密度化が進行しているため、建築物に高い耐震安全性を確保することは重要な課題です。本コースでは、建築に関わる構造力学、構造解析、耐震工学、材料・施工等の教育研究を行います。将来的に国内外の構造設計技術者、施工管理者、官公庁等の技術者、研究者として活躍する人材を育成します。

持続都市建築システム国際コース(博士後期課程・修士課程)/持続都市建築システムプログラム

21世紀の都市・建築を考えるとき、地球環境や地域の生態系との共生の観点を抜きにすることはできません。特に、急激な成長都市を抱えるアジア諸国において、都市の居住環境の悪化は国際的な問題であり、豊かな居住環境を確保しつつ、環境負荷をできるだけ低減する持続型社会の実現が強く求められています。こうした社会的要請に基づき、持続都市建築システム国際コース(修士課程・博士後期課程)では、社会が求める持続型社会への転換を実現するための都市・建築の持続化に関するシステム思考能力と高度な専門知識・技術を身に付け、この分野において指導的な役割を果たすことができる高度専門職業人及び新しい分野を積極的に切り拓くことのできる国際的な研究者を育成します。持続都市建築システムプログラムは、都市・建築の持続化に関する幅広い基礎知識と理解能力を教授するための都市共生デザイン専攻との連携プログラムです。

教員と研究テーマ

建築計画学コース(修士課程)

※は持続都市建築システムプログラム担当

氏名 代表的研究テーマ
堀 賀貴 教授
  • 古代ローマ都市ポンペイに関する建築・都市史的研究
  • イタリア・オスティアの古代ローマ建造物に関するフィールド調査を通じた実証的研究
  • 古代から初期ビザンチン時代のエジプトにおける建築技術史に関するフィールド研究
  • リビアにおける古代ローマから末期にいたる古代遺跡の総合的調査
  • 山口県・萩市における城壁・石垣調査を通じた都市形成史的研究
末廣 香織 准教授
  • オランダ構造主義建築の設計思想
  • 空間構造の魅力を生かしたリノベーションデザイン
  • 木の軟らかさを生かした木架構デザイン
志賀 勉 准教授
  • 縮減市街地における地域主体によるまちづくり手法に関する実践的研究
  • 公営住宅の住民自主管理とコミュニティ活動の支援手法に関する研究
  • 分譲マンションの住まい方と管理活動の経年変化に関する事例研究
木島 孝之 助教
  • 織豊系城郭の縄張り技術の展開から見た大名権力と地域社会の様相
  • 在地系城郭の縄張り構造から見た地域社会の様相
  • 倭城の縄張り構造から見た朝鮮出兵の実像
志波 文彦 助教
  • 新たな教育方式に対応した学校建築の空間計画に関する研究
  • 学校建築のリニューアルマネジメント技術の開発研究
  • 建設後の学校建築における利用支援に関する研究
建築環境学コース(修士課程)

※は持続都市建築システムプログラム担当

氏名 代表的研究テーマ
尾崎 明仁 教授
  • 再生可能エネルギーを利用した次世代高機能建築の提案
  • 高効率設備システムを備えた建築の総合性能解析
  • 熱・水分・空気連成を考慮した建築温湿度・熱負荷予測
  • 建築外被の温湿度変動解析に基づくファサードデザイン
  • 建築・都市の省エネルギーと温暖化対策
古賀 靖子 准教授
  • 建物外皮における窓の多目的最適化設計
  • 建築視環境の設計・制御におけるコンピュータビジョンの応用
  • 建築環境の居住後評価とデータ活用
住吉 大輔 准教授
  • 都市の最適なエネルギー供給に関する研究
  • 建築設備の省エネルギー手法に関する研究
  • 行動変容を促進する省エネ誘導型建築に関する研究
末光 弘和 准教授
  • シミュレーション技術を用いた建築・都市デザインの設計手法研究
  • プログラミングを用いた形状最適化手法の研究
  • デジタル技術とアナログ技術を掛け合わせた新しい建築素材・工法の開発
  • アジアのバナキュラーな建築や都市のシミュレーションを用いた分析・研究
李 学成 助教
  • 再生可能エネルギー利用と吸放熱・吸放湿などの構法固有の特徴を考慮した住環境デザイン
  • 住環境予測および湿害予測を基に,地域に適する快適で省エネルギーな建築システムを提案
  • 再生可能エネルギーを利用したハイブリッド空調システムの開発
建築構造学コース(修士課程)

※は持続都市建築システムプログラム担当

氏名 代表的研究テーマ
蜷川 利彦 教授
  • 建築生産に及ぼす構造設計手法の影響
  • コンクリート充填鋼管を用いた建築構造物の耐震性状
山口 謙太郎 教授
  • 地球環境にやさしいリユース型建築構造システムの開発
  • 摩擦抵抗型乾式組積構造の力学特性と設計法
  • 超音波を用いたコンクリートの品質管理
小山 智幸 准教授
  • 産業副産物のコンクリートへの有効利用
  • 気候変動下の夏季環境におけるコンクリート工事
  • 各種環境におけるコンクリートの耐久設計
松尾 真太朗 准教授
  • 鋼構造・CFT造接合部の構法・耐震性能評価・設計法
  • 鋼構造部材の補強構法・設計法の構築
  • 超高強度鋼の活用技術に関する研究
佐藤 利昭 准教授
  • 木造制振住宅の耐震設計手法の構築
  • 木質構造の長期的な耐震安全性の評価
  • 木材の構成則に関する基礎的研究
  • 伝統的木造建築のヘルスモニタリング
南部 恭広 助教
  • 歴史的建造物の保存・活用に関する研究
  • 伝統木造住宅の耐震性能評価
  • RC床を有する歴史的煉瓦造建築物の耐震性能評価
空間システムコース(博士後期課程)
氏名 代表的研究テーマ
堀 賀貴 教授
  • 古代ローマ都市ポンペイに関する建築・都市史的研究
  • イタリア・オスティアの古代ローマ建造物に関するフィールド調査を通じた実証的研究
  • 古代から初期ビザンチン時代のエジプトにおける建築技術史に関するフィールド研究
  • リビアにおける古代ローマから末期にいたる古代遺跡の総合的調査
  • 山口県・萩市における城壁・石垣調査を通じた都市形成史的研究
尾崎 明仁 教授
  • 再生可能エネルギーを利用した次世代高機能建築の提案
  • 高効率設備システムを備えた建築の総合性能解析
  • 熱・水分・空気連成を考慮した建築温湿度・熱負荷予測
  • 建築外被の温湿度変動解析に基づくファサードデザイン
  • 建築・都市の省エネルギーと温暖化対策
末廣 香織 准教授
  • オランダ構造主義建築の設計思想
  • 空間構造の魅力を生かしたリノベーションデザイン
  • 木の軟らかさを生かした木架構デザイン
志賀 勉 准教授
  • 縮減市街地における地域主体によるまちづくり手法に関する実践的研究
  • 公営住宅の住民自主管理とコミュニティ活動の支援手法に関する研究
  • 分譲マンションの住まい方と管理活動の経年変化に関する事例研究
古賀 靖子 准教授
  • 建物外皮における窓の多目的最適化設計
  • 建築視環境の設計・制御におけるコンピュータビジョンの応用
  • 建築環境の居住後評価とデータ活用
住吉 大輔 准教授
  • 都市の最適なエネルギー供給に関する研究
  • 建築設備の省エネルギー手法に関する研究
  • 行動変容を促進する省エネ誘導型建築に関する研究
末光 弘和 准教授
  • シミュレーション技術を用いた建築・都市デザインの設計手法研究
  • プログラミングを用いた形状最適化手法の研究
  • デジタル技術とアナログ技術を掛け合わせた新しい建築素材・工法の開発
  • アジアのバナキュラーな建築や都市のシミュレーションを用いた分析・研究
木島 孝之 助教
  • 織豊系城郭の縄張り技術の展開から見た大名権力と地域社会の様相
  • 在地系城郭の縄張り構造から見た地域社会の様相
  • 倭城の縄張り構造から見た朝鮮出兵の実像
志波 文彦 助教
  • 新たな教育方式に対応した学校建築の空間計画に関する研究
  • 学校建築のリニューアルマネジメント技術の開発研究
  • 建設後の学校建築における利用支援に関する研究
李 学成 助教
  • 再生可能エネルギー利用と吸放熱・吸放湿などの構法固有の特徴を考慮した住環境デザイン
  • 住環境予測および湿害予測を基に,地域に適する快適で省エネルギーな建築システムを提案
  • 再生可能エネルギーを利用したハイブリッド空調システムの開発
蜷川 利彦 教授
  • 建築生産に及ぼす構造設計手法の影響
  • コンクリート充填鋼管を用いた建築構造物の耐震性状
山口 謙太郎 教授
  • 地球環境にやさしいリユース型建築構造システムの開発
  • 摩擦抵抗型乾式組積構造の力学特性と設計法
  • 超音波を用いたコンクリートの品質管理
小山 智幸 准教授
  • 産業副産物のコンクリートへの有効利用
  • 気候変動下の夏季環境におけるコンクリート工事
  • 各種環境におけるコンクリートの耐久設計
松尾 真太朗 准教授
  • 鋼構造・CFT造接合部の構法・耐震性能評価・設計法
  • 鋼構造部材の補強構法・設計法の構築
  • 超高強度鋼の活用技術に関する研究
佐藤 利昭 准教授
  • 木造制振住宅の耐震設計手法の構築
  • 木質構造の長期的な耐震安全性の評価
  • 木材の構成則に関する基礎的研究
  • 伝統的木造建築のヘルスモニタリング
南部 恭広 助教
  • 歴史的建造物の保存・活用に関する研究
  • 伝統木造住宅の耐震性能評価
  • RC床を有する歴史的煉瓦造建築物の耐震性能評価

ページの先頭へ