学府(大学院教育)

実践臨床心理学専攻(専門職学位課程)

専攻概要

本専攻は、わが国初の臨床心理分野の『専門職学位課程』である。  こころの問題の複雑化・多様化に対応できる臨床心理学の高度専門職業人の 輩出が社会的要請であることを踏まえ、本専攻では「様々な臨床心理現場との連携を深めつつ,種々の臨床心理現場に即応できる臨床心理分野の高度専門職 業人の養成」を教育目的とする。
具体的には

  • 種々の活動領域に対応できる能力
  • 生涯発達における様々な心理援助レベルに対応できる能力
  • いろいろな心理援助の介入レベルで動ける能力
  • 地域に根ざしたコラボレーションができる能力を持った<ハイクオリティの臨床心理士>を養成する。

そのために学内実習とともに臨床心理の三大領域(医療・保健、福祉、教育 の 領域)での学外実習を行う。また現場での実務経験豊かな「実務家教員」の 配置によって、きめ細やかな実務教育を行う。
本専攻修了者は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する臨床心理 士の受験資格が得られる。
また、国際社会開発学講座においては、全学府にかかわる国際社会開発プログラムを運営している。

実践臨床心理学専攻ウェブサイトへ

教員と研究テーマ

実践臨床心理学

※の教員は、博士後期課程人間共生システム専攻の専任。
*の教員は、博士後期課程行動システム専攻の専任。

氏名 代表的研究テーマ
増田 健太郎 教授 学校に生起する諸問題(不登校・いじめ・教員のストレス等)の臨床心理学・教育経営学的研究、不妊カウンセリングの実践と研究。
黒木 俊秀 教授 精神科医として、長年の臨床経験がある。精神薬理学・精神疾患・精神療法(森田療法)などに関する研究。
中村 知靖 教授 心理データ解析学、心理測定学、心理テストに関する研究。
福盛 英明 教授 フォーカシング・体験過程尊重態度の研究、大学生のQuality of Student Lifeの研究と学生相談の評価・実践研究。
田中 真理 教授 障害者(発達障害や知的障害等)の心理臨床に関する研究、およびアクセシビリティ環境構築のための学校・職場・家族支援に関する研究。
遠矢 浩一 教授 発達障がい児者および「きょうだい児」の集団心理療法、児童養護施設における心理療法、運動障がい児のリハビリテーション、臨床動作法に関する研究。
古賀 聡 准教授 アルコール依存症や薬物依存症など嗜癖問題の心理援助に関する研究。アクション・メソッド(臨床動作法・心理劇)の臨床適用に関する研究。
佐々木 玲仁 准教授 風景構成法を中心とした描画法、心理臨床場面におけるコミュニケーション、臨床心理学研究法、遠隔心理支援の実践と研究。臨床心理査定学の授業担当。
松下 智子 准教授 イメージ療法、アートセラピー等を用いた個人・グループカウンセリングの実践、学生相談領域での実践および研究。
金子 周平 准教授 人間性心理学に基づくカウンセリング(クライエント中心療法、体験的心理療法)、エンカウンター・グループやそのファシリテーター訓練、司法領域の支援に関する実践研究。
小澤 永治 准教授 社会的養護や児童虐待等の児童福祉領域における心理臨床。子どもの心理アセスメントとプレイセラピー等の心理療法に関する実践と研究。
野村 れいか 講師 医療領域において成人の精神疾患や児童思春期、司法精神医学、災害支援等の臨床および研究を実践。他職種によるアプローチや地域連携、災害支援に関する研究。

ページの先頭へ